常連客の似顔絵

その注文待った!まずは黒板で日替わりメニューを確認すべし

おことわり

これはただの常連客による個人的な【ダイニングじゅじゅ】の楽しみ方です。
店長の許可を得て掲載していますが、必ずしも店長の意図と一致する保証はありません。
ご了承ください。

初めてのお店に行ったら「まずはメニューを…」。

分かります。
僕もそうします。

しかしダイニングじゅじゅでそれをやるのは本当にもったいないです。

まずはお店に入ったらすぐ右にある黒板を見ましょう

2018/09/13 日替わりメニュー

ここの黒板には本日のオススメや日替わりメニューが書かれています。
これ全部、常設メニュー外の日替わりのやつです。

ご覧の通り、ダイニングじゅじゅは日替わりメニューが非常に多いです。

この日だけでも

なんと13品

この日替わりメニューは時期によって大きく内容が変わります。
旬の美味しい食材をいろいろな形で提供しているようです。

しかもこれ。

「秋なのでサンマ焼きました」

みたいなノリで作ったものではなく、食材に合わせて最も美味しく食べられる調理法を店長さんが一生懸命考えて、日々の食材の状態に合わせて調味料や調理法を変え、極めつけにはこれら全てを店長さんが手作りで用意しているんですね。

突き出しとか惣菜を手作りで食べられる店ってなかなかないと思います。

これがまっこと旨い
マジ美味。

正直、常設メニュー無視して黒板メニューだけ頼んでもいいくらいです。
実際そういう注文の仕方をすることも多々あります。
地産地消100%を掲げるダイニングじゅじゅだけあって、旬のこだわり料理はほんとに美味しい。

ダイニングじゅじゅの旬のお料理が美味しいのは、焼肉じゅじゅ亭の時代からの付き合いの地元業者さんから美味しい食材を仕入れられるのもあるんだと思うんですが、それだけじゃなく、店長さんの料理への探究心がやばいです。

まずメニューとして出すまでに試食と改良を重ね、ベストな状態で黒板に載せます。

その日のお客さんの反響や自分の反省点を活かし、次の日にさらに改良を加えます。

連日で行くと分かるんですが、微妙にメニューの調理名が変わってたりするんですよね。

福岡産~手羽先揚げ

福岡産~手羽先揚げ

だったのが

手羽先ガーリック風味揚げ

手羽先ガーリック風味揚げ

だったりとか。

このあたりは店長さんの料理への愛お客さんへの愛なのかなと思います。

え?

ああ、はい。
連日で行くこともありますね。

それはさておき。

他にはこんなのも。

熊本益城町にある、手作りお豆腐屋さんの純豆腐

2018/09/16 のお知らせ でも紹介しているんですが、熊本県 上益城郡 益城町(マシキと読むそうです)にある、手作りお豆腐屋さん『豆腐工房むらかみ』さんの純豆腐だそうです。

正直ね?

手作り豆腐?

純豆腐?

益城町産?

どうせスーパーの豆腐と変わんないんでしょ?

って思いますよね?
僕はそう思いました。

と思って食べたのがこれ。

これヤバイ
ほんとヤバイ

食べた後に変な声出るくらい旨かったです。
食べ損ねたけどおそらく冷や奴も……

店長さんにお話しを聞いたところ、こちらは同じく『豆腐工房むらかみ』さんの「山里あげ」というブランドの油揚げだそうです。
上の手作り純豆腐が元になっているとのこと。

試しに注文して、そのままおかわりしてしまうほど美味しかったです。

ちなみにこちらの純豆腐、『豆腐工房むらかみ』さんから月に一度届くそうなので、タイミング狙えば毎月食べられるんではないかと思います。

僕は次も見つけたら必ず食べます。

これらの旬のお惣菜は突き出しとしても出てきます。

僕は最初、突き出しで出てきた「モロヘイヤの煮びたし」に感動しました。
(写真でお見せできないのが残念です…)

最近見かけないですが、見つけた人は絶対に頼んだ方がいいです「モロヘイヤの煮びたし」。
モロヘイヤの旬っていつなのかな…(初夏~夏だそうです)

突き出しでお料理を気に入った場合には、別途、単品料理として注文することができます。

だいたいは黒板にある日替わり惣菜の中から出ていますが、たまに黒板にない料理が突き出しとして出てくることもあるんですよね。
それでもおそらく言えば出してくれると思います(たぶん)。
ホームページに常連客が書いてたよって言えば出してくれるはずです(たぶん)。

日替わり惣菜をベタ褒めしましたが、そのせいで忘れてしまいがちなダイニングじゅじゅの残念な点も実はあります。
居酒屋の定番おつまみとも言える「枝豆」「たこわさ」とかがないんですよね…

「枝豆」

「たこわさ」

どこで食べても同じ味しませんか?
というか、同じ商品食べてませんか?

まぁ、それが枝豆たこわさの魅力であり、うまいところなわけなんですけども…
あれ、たぶん、どこも冷凍の既製品を解凍して出してるだけなんですよね。

ダイニングじゅじゅで「枝豆」「たこわさ」出してくれってお願いしようもんなら、もう

「日本の枝豆~大牟田産 生枝豆 使用」
(素人がノリで書いてるので、大牟田で枝豆が栽培可能かどうかは存じ上げません)

とか

「ん~~~…、タコがいいの入った時ならお出しできますけど……」

とか、ガチなやつが返ってきますからね。

普通の冷凍枝豆で良かったんだけど…
みたいなね?

……いや、食べてみたいなそれ。

店長、ガチ枝豆とガチたこわさ、いずれお願いします。

そんな既製品のおつまみではなく、手作りなおつまみでお酒を飲みたい時!
家でポテチつつきながら缶ビールもいいけど、今日はちょっと美味しいもの食べたいな…という気分の時!

まさにダイニングじゅじゅにうってつけの日です。

ホームページのメニュー見たら分かりますが、食材にこだわってる割りにダイニングじゅじゅの値段は普通の居酒屋さんと変わりません。

いい店ありますよ!
吉塚駅から徒歩3分、ダイニングじゅじゅ!
(宣伝)

あ、ちなみに何度も「日替わり」って書いてるので大丈夫だと思うんですが、日替わり惣菜はほんとに日替わりです。
次の週に行くとだいたいありません。
気に入った料理がある時は注文しておかないと後で絶対後悔します。
お見逃しのないよう…

2018/10/05追記

モロヘイヤの煮びたし食べられました!

  • 2018/09/25 20:34
  • 常連客K